平安のいろ【ハナ色】

暑さはすっかり落ち着き、高野山は間もなく赤や黄色で染められる季節になります。今回は「ハナ色」という色について調べてみたのですがなかなか面白いことがよくわかりました。

屏風や額の裏に貼るものでよく使われるのが雀形を押した和紙です。この紙の地色は見た目緑色の和紙ですが、表具業界ではよく「ハナ色」と表記されます。

雀形雲母摺り
雀形 ハナ色

ハナ色をインターネットで検索してみると青系の色が出てきますが、緑系の色は見当たりません。ハナ色の素となる一つに露草の花から取った色があります。

露草

もう一つは「縹色(はなだいろ)」から名前が変わったものです

中縹色

我々の良く知っている藍色は昔「縹色」と言われており色の濃さで深縹、中縹、次縹、浅縹と分けられていました。それが江戸時代頃に、はなだ色からハナ色となり伝わりました。なので昔、この青はいわゆる藍色とは別物でした。

では昔の藍色はどんな色を指していたのでしょう。

平安時代の格式を編纂した書物「延喜式」この中の項「縫殿寮 雑染用度条」には当時使われていた色名と色を作るためのレシピが書いてあります。

雑染用度条に深藍色という色があります。これは蓼藍(たであい)から作る青色と黄檗(きはだ)の黄色を重ね染めて、青みがかった緑色をしています。この色合いが昔の藍色でした。

深藍色

ではなぜ我々の想像する藍色ではなく緑っぽい青が藍色と呼ばれていたのでしょうか?

一説には山藍の色を模しているのではという考えがあります。

日本では古くから藍染をしてきましたが大陸から蓼藍が伝わるまで自生している山藍を使った藍染が行われてきたそうです。しかも採取した山藍の葉を布に摺り付けて染める「摺り染」という原始的な染め方で、山藍の色は定着しずらく、すぐに色落ちしたそうです。

しかし山藍色は神事にも使われるものだったらしく蓼藍が普及してからは山藍色を再現すべく蓼藍と黄檗の重ね染めが行われたのではと一説にあります。

山藍摺り色

まとめますと元々の藍色は緑っぽい色

我々の想像する藍色は元々縹色、転じてハナ色

現在藍色といえばインディゴブルーの青色

これらがごちゃ混ぜになって表具的表現の「ハナ色」が完成したのではと自論を展開してみました。

あくまで自論ですので真偽は保証できません。しかし一つの色でこれだけ深堀出来る。楽しくないですか?

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

裏で群れを成しています【雀形】

10年、20年前と比べると高野山も暑い日が増えました。それでも夜はひんやりとした風が吹くところを見ると、さすが高野山となります。さて本日は屏風裏によく使われる文様「雀形(すずめかた)」について

雀形

全体的には七宝繋ぎの文様で菱形の花文を中央に、周りに対の雀を配した文様です。使われだしたのは、とても古いようで鎌倉時代、公家調度品の屏風裏に見られたそうです。しかし、そのころの雀形は今の文様とは少し違いがあり、鳥の種類が違うように見られます。

古くに見られる雀形は鳥文様が「尾長鳥」で鳳凰のような鳥が対に描かれています。この文様は「鳥襷紋(とりたすきもん)」といい、公家男子の衣服の一種「指貫袴(さしぬきはかま)」でよく見られた文様でした。このことから公家調度品の屏風にも使われ始めたようです。それが鳥の種類が雀に変わり雀形と呼ばれているようです。実際の雀は田畑の虫を食べてくれることから屏風裏に雀を描くことで虫がつかないなどと、おまじないのような考えもあったそうです。

鳥襷文
鳥襷紋(とりたすきもん)

歌川国貞の作品「雀形屏風の張交」ではまた変わった雀形が見られます。

歌川国貞 雀形屏風の張交
歌川国貞 雀形起こし
歌川国貞「雀形屏風の張交」描き起こし

人物画の周りに雀形の版木を押してあります。この雀形は中央に向かって雀が向き合っている形です。

今日では、屏風裏用に雀形文様を押した紙が売られており、緑地の和紙に雲母摺りされています。さらに高価なものになると鳥の子紙に雀形文様を手摺りした「京からかみ」を使用します。少し前までは、屏風裏は「ハナ色」と呼ばれる地色に文様を押したものが多かったそうです。今日の緑地和紙やハナ色など青系は、藍染の色由来が多いです。藍染されたものは、防虫効果を期待され屏風を虫から守る一助になっています。

雀形 雲母摺り

ハナ色など藍由来の色も興味深い話があり、次回載せられればと思っております。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

桐箱を保護する外箱今昔【二重箱・畳箱】

五月の高野山、特に三年ぶりに行動制限のないゴールデンウィークは参拝客の皆様で賑わってます。

今回は、桐箱を保護する箱について。桐箱は掛け軸を保護するためですが、その桐箱を保護するための「二重箱(にじゅうばこ)」というものがあります。

二重箱
二重箱

二重箱の形は上画像のようなもので一般的なサイズの掛け軸なら桐箱を横から差し込むように納めます。もっと大きな掛け軸になると二重箱の形が変わり、桐箱を二重箱の中に入れ、上から蓋を被せて収納する形になります。

桐箱は白木で出来ていますが二重箱は基本、漆などでタメ塗を施してあります。

さて掛け軸は、この二重箱へ桐箱と共に納め管理するのが、掛け軸を最も保護できる状態です。しかし最近は二重箱の代用として畳箱(たとうばこ)というものに桐箱を納めることが一般的です。畳箱はボール紙で出来ており桐箱を横から差し込み納めます。

畳箱 柿色
畳箱 柿色

このオレンジ色は、昔柿渋を塗っていたものを模した色です。この色の畳箱が一般的です。

畳箱 灰色
畳箱 灰色

この灰色の畳箱も何かの色を模しているのではと考えます。これは私見ですが松煙墨の色じゃないかと思います(柿渋によっては灰色っぽい色もあるので柿渋色か?)松煙墨には防虫効果があるので桐箱を虫害から保護してくれます。

この畳箱は表面に凸凹表現加工を施してあります。これは昔、畳箱に布を貼り、その上から柿渋などを塗布していた名残を表現しているのだそうです。

新しい桐箱を作った際は、その箱に合った畳箱が付きます。しかし古い桐箱には畳箱がない場合が多いです。その場合は、新規に作ってあげる必要があります。

刷毛引き紙
刷毛引き紙

畳箱作りに使う紙は鳥の子紙という厚めの紙に柿渋を刷毛で塗った「刷毛引き紙」を使います。この紙を桐箱に合わせて切り出し、畳箱にしていきます。

畳箱 展開図

畳箱製作にあたり、いろんな細かなポイントがあるのですが割愛させていただいて、桐箱ピッタリいい感じに畳箱が出来ると、茶筒の蓋のように桐箱がスゥーと納められます。その時の「やったぜ!」感はいいものです。ただ、この「やったぜ感」を味わうためにギリギリの寸法を攻めると桐箱が入らないという残念なことになり、刷毛引き紙が無駄になっちゃいます。達成感と失敗は紙一重なのです。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

御朱印軸でよく見るよ【雲文様小話】

高野山は春の季節を思わせる日が増えて、寒い冬もようやく終わりそうです。

当店は、お大師様のお膝元ということもあり、四国八十八ヶ所霊場の御朱印軸などの表装をご依頼くださるお客様がよく来られます。御朱印軸の裂地に昔から使われている雲文様の裂地があり、その文様についてのお話。

まず、雲を模した文様は「瑞雲」とも呼ばれ吉祥文とされています。実際に気象現象で瑞雲や彩雲と呼ばれる現象があり、この雲が発生すると吉兆と言われています。私も一度だけ見たことがありますが、雲が虹色に輝いて綺麗なものでした。

彩雲  photoAC

また日本古来の信仰に「山上他界」という死生観があり、亡くなった方々は山の上の遥か彼方に旅立ち、そこに極楽浄土があると考えました。よって山の遥か上を象徴する雲に極楽浄土を連想したようです。

さて今回の話題の裂地の初めは「霊芝雲」です。

霊芝 photoAC

霊芝はサルノコシカケの仲間で別名「万年茸」中国では不老長寿の薬草とされ古くから重宝されました。そんな霊芝に似た雲の文様である霊芝雲を繋いだ裂地が「富田金襴」です。

富田金襴

富田金襴は、安土桃山時代の武将「富田左近知信」が豊臣秀吉から拝領し、愛蔵したことからこの名で伝わったそうです。よく似た裂地に「嵯峨金襴」があり、こちらは仏日常光国師の袈裟裂として知られています。

次に紹介する文様が「四つ手雲」です。名の通り雲文から四方にたなびく雲が手のように出ています。これは瑞雲を文様化したであろうもので、大陸から影響を受け日本で成熟した「雅楽」で使われる衣装にも、この文様が見られ中国文化の名残が見られます。

四つ手雲金襴

今回紹介した文様が御朱印軸などでよく使われてきた裂地ですが、文様一つ一つの意味が吉祥や極楽浄土、不老長寿と仏教に関連する意味合いの文様が多いことがわかりました。

これから良い気候が増えてきます。青空の下、気持ちよさそうに浮く雲を見つつ、のびのびとどこか遊びに行きたいものです。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

新年あけましておめでとうございます【虎と竹】

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。

今年の干支といえば「寅」。古くから日本画の画題としてよく描かれてきました。しかし日本には野生の虎は生息していないので、昔の絵師は中国などから渡ってきた虎の絵を見本にし、猫の姿を参考にしつつ描いたという話は有名でしょうか。たしかに古い虎の絵を見ますと少し迫力に欠ける猫の面影が見え隠れする虎が多いことでしょう。

取り合わせが良いもののたとえに「獅子に牡丹 虎に竹 梅に鶯 紅葉に鹿」といった言葉があるように、虎の絵に竹が描かれているものがよく見られます。

虎に竹がセットで描かれるには諸説あるようです。昔、虎は中国から東南アジア北部、インドまでとアジア大陸の広範囲に生息していました。獰猛な動物である虎は一見、敵なしのように思いますが、象には太刀打ちできなかったようです。虎は象に襲われたときは、竹藪に逃げて難を逃れます。すると象は牙にヒビが入ることを恐れ、竹藪には入ってこないそうです。

少し話が逸れますが、古くから「象牙素材のものを持って竹藪に入ってはいけない」と言われているそうです。これは象牙が温度差により、ヒビが入る可能性のためではないかと言われており、ひんやりとした竹に象牙が触れると温度差でヒビが入るということです。

話戻って、象の脅威から逃れられる竹藪は虎にとって安息地であり、おのずと虎と竹のセットになっていったのかもしれません。

別の説では、奈良県法隆寺所蔵の国宝「玉虫厨子」にあります。この厨子は青緑に輝く玉虫の羽で装飾され、側面の一つに仏教の説話「捨身飼虎(しゃしんしこ)」の図が描かれています。

捨身飼虎 は、お釈迦様の前世物語の一つであります。「あるところに三人の王子がおりました。三人は森の奥深く歩いていると、飢えて動けなくなっている虎の親子に遭遇します。一人の王子が虎に自分の身を差し出し、飢えた虎の親子を救うことを決心します。しかし、虎は噛みつく力もないほど弱っていました。そこで王子は崖に上り、飛び降りることで虎に血肉を与えることができました。この慈悲深い王子がお釈迦様の前世である摩訶薩埵王子であった。」簡単に説明しますと、こんな物語です。

その捨身飼虎図が飛鳥時代のものとされる玉虫厨子に描かれており、竹林に虎がセットで描かれています。

元々、竹林で虎を見かけることが多かったのかもしれませんが、上記のような仏教説話が伝わるのと同時に虎と竹の組み合わせも広まっていったのかもしれません。

新年から長々と下手な文章を連ねておりますが、このような日本画や表装についてのアレコレを載せてまいります。たまに見てやってください。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

癒し系金襴【花兎】

今月18日は十三夜でした。十五夜のお月見をしたら十三夜のお月見も、したほうがいいと最近知りました。日本では、お月さんに兎を見ますよね。これはインドの「ジャータカ」という仏話からきたものらしく、ざっくりいうと「修行する動物たちを試した帝釈天が兎の慈悲深い行動を皆に見せるため月に映した」から月に兎というわけです。

中国で兎は縁起の良いもので、裂地の文様でも見ることができます。有名なのが「花兎(はなうさぎ)」と呼ばれる文様です。

花兎金襴
花兎金襴

花樹の下に振り返った兎の組み合わせがよくある構図で、文様自体は画像のようにカマボコの断面図みたいな形(作土文)をしています。

花兎文は鎌倉時代~室町時代にかけて禅宗と一緒に伝来しました。その時、中国からの影響を受けた寺院建築では「瓦燈窓(かとうまど)」と呼ばれる装飾が見られ、やがて茶室にも「火灯口(かとうぐち)」という名で取り入れられます。

瓦燈窓イメージ
瓦燈窓 イメージ
茶室 火灯口 イメージ
茶室 火灯口 イメージ

この火灯という形が花兎文様の作土文に似ており、また火灯(かとう)に花兎(かと)を当て字したのが由来という説もあり、花兎は禅や仏教とその建築様式の要素が混ざった文様なんだと思います。そんな花兎は、茶室で掛ける軸の仕立によく使用されます。

ほぼ同じ文様で「角倉金襴(すみのくら金襴)」という文様があります。これは、安土桃山時代の豪商「角倉了以」が好んだ裂地のことです。花兎金襴との違いは、本当に分かりにくいですが、角倉金襴の方が兎や花樹が具体的に表現されているように思います。花兎文様を見かけたときは「果たして花兎か、角倉か」と頭を悩ましてください。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

いい香りで侵入防止【防虫香】

まるで梅雨時期のような長雨がようやく収まり、猛暑が戻ってきました。雨が続いていたので、カビが出ないかと心配になります。今回は、そんなカビのお話…ではなくカビに並び天敵である虫についてのお話です。

桐箱に収まった掛け軸は、収納中に虫による食害に遭うことがあります。虫は巻いた掛け軸を軸棒へ向かって穴を掘るように食べ進むことが多いので、いざ掛け軸を広げたとき虫食い穴が飛び飛びに出てくることになるのです。

この虫による食害から掛け軸を守るには、気密性の高い箱に収納することが一番効果的と考えます。以前にも紹介しました印籠型の桐箱は、とても気密性の高い構造になっており、また素材の桐はタンニンを多く含み、虫が嫌うのです。古くなった箱は、経年変化で木が痩せ、蓋との間に隙間が生じていることがあり、この隙間から虫の侵入を許してしまいます。

防虫対策としてよく使われるのは防虫香です。桐箱の中に防虫香を入れ、その香りを虫が嫌がることで侵入を防ごうとするものです。防虫香として使われる有名なものは、白檀・樟脳・竜脳・丁子などです。白檀は正倉院御物にも添えられていたそうです。これらは天然の香木・香料であり高価なこともあります。なので最近は、人工的な成分による安価な防虫香もあります。

白檀
白檀

しかし、防虫香の中で気を付けなければならないのが、樟脳や竜脳また安価な防虫香です。これらは成分が気化しやすく、たちまちに箱内に充満します。この気化した成分が掛け軸に染みを出したり、金具を変色させることがあるのです。掛け軸を守るつもりが逆に痛めてしまうことになってしまいます。気密性の高い桐箱に入れておれば、虫の侵入はそうそう起こらないと思いますが、防虫香を入れる場合は、白檀の木片を和紙などで包み入れておくことが良いかと思います。

気密性の高い桐箱に入れしっかりと蓋をし、時期が来れば虫干しを行うことが、一番掛け軸を守れることでしょう。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

金箔を「押す」

今年は早い梅雨入りとなり、乾燥しにくく作業が捗らない毎日です。早く梅雨入りした分、早く明けてくれればいいのですが。

本金箔を押した和紙を使い、額にお仕立てする機会がありました。ちなみに表具では、金箔を「貼る」と言わず「押す」といいます。

本金箔 額装

本金箔は字の通り本金を使用した箔です。といっても、すべて金から出来ている訳ではなく、少量の銀と銅を合わせた合金から作られます。最も多く金が含まれる金箔は「五毛色」と呼ばれ、金約98.9%、銀約0.5%、銅約0.6%含まれています。金含有量が少なくなるごとに一号色、二号色、三号色、四号色、三歩色と呼ばれ、四号色で金約94.4%、銀約5%、銅約0.6%となり、三歩色は金約75.5%、銀約24.5%です。四号色までは色味に大差はありませんが、三歩色になると黄色っぽさが際立ちます。

本金箔

本金箔の厚みは0.0001mm(0.1マイクロメータ)。金属をここまで薄く延ばせられるのかと驚かされます。これほどの薄さなので少しの風で簡単に飛んで行ってしまいます。また静電気で引っ付いてしまうので、金箔を扱う道具は竹製になります。扱いに失敗し、指や道具に引っ付いた場合は、あっという間に金でコーティングされた豪華な指や道具が出来上がります。

このように、扱いにとても苦労する金箔ですが、本金箔はやはり本金の色、輝きが魅力的です。しかも経年による変色がほとんどありませんので、この美しい輝きを長く見せてくれます。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

桐箱蓋を開けるコツ

桐箱の蓋を開けるときに固くて開けにくい…開けるときに破損した…といったお声をちょこちょこ聞きます。

そこで、今回は蓋を開けるコツをお話できればと思います。

桐箱で一般的な形は印籠型(薬籠型)と呼ばれるものと思います。格さんが「この紋所が目に入らぬか」と突き出す、あれが印籠ですが、あの入れ物の蓋の構造と同じ型をした桐箱です。

桐箱(印籠・薬籠型)

印籠型は、かなり気密性の高い箱なので、その分蓋が開けにくいです。この蓋を開けるコツは、まず下の図のように両手で桐箱と蓋を持ちます。そして蓋を片側だけ開けるように、ゆっくり力を入れていきます。すると徐々に開いてきます。

印籠型の桐箱は、蓋と箱がピッタリ合うように作られており、蓋を180度向きを変え閉じようとすると合わなくなります。これは「片合」という桐箱の仕様です。

蓋の向きを変えてもピッタリ閉じられる「両合」仕様の桐箱もありますが、お値段お高くなってきます。桐箱と蓋に合印のようなものを付けておけば、向きを間違えずに良いでしょう。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

恒例。古糊の様子はどうでしょう

春のような暖かい日が、ちらほら出てくるようになってきました。大阪の方では、梅が開花しているようです。高野山では、まだ蕾の状態です。

先日、恒例の古糊の水替えを行いました。平成28年に仕込んだ糊に少しカビが出てきていました。いよいよ、耐カビへの第一歩を歩み始めたのでしょうか。

古糊に使われる糊は、小麦粉からグルテンを抜いたデンプンで作ります。似たような糊で米から作る糊があります。

小麦粉から作る糊は「正麩糊(生麩糊)」といいます。沈殿したデンプンを使うことから「沈糊」とも呼ばれます。そして米から作る糊は「姫糊」と呼ばれます。確か、舞妓さんの髪飾りの花かんざしを製作する時にも姫糊を使っていたように思います。

姫糊は、正麩糊に比べ接着力が強く、より濃度の薄い糊で作業することができます。しかし虫害に弱く、また我々でいう「ヤケ」という和紙が茶色く変色する現象が起きやすいです。

どちらも使ったことがありますが、正麩糊は触感がサラサラとしており、姫糊に慣れていると少し頼りなく感じます。

昔読んだ絵本「したきりスズメ」でスズメが、おばあさんの障子貼りに使う糊をスズメが食べてしまって舌を切られてしまうという話の筋でしたが、子供ながらに、糊なんか食べてスズメは大丈夫なのだろうかと思っていましたが、米や小麦粉から作られていたとなると、そりゃ食べてしまうかもなと、今では納得いく話でした。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂