虫干しのすゝめ

新型コロナの脅威は、変わらずな日々ですがwithコロナで少し経済が回りだしているでしょうか。高野山は今、紅葉の真っ盛りで参拝に来られる方々も増えてきているように思います。

最近、空気が乾燥していませんか?こんな季節に是非「虫干し」を行っていただきたいです。虫干しとは、掛け軸や古い書物・着物などを収納場所から出し、風を通してあげることで、カビや虫から大切なものを守ってあげる作業です。

古くは、平安時代から行われているそうです。

ここでは、掛け軸の虫干しについて説明しますが、方法は簡単。

まず、天気の良い空気が乾燥している日を選び、風通しの良い部屋で掛け軸を吊るし広げます。このとき、風で掛け軸が揺さぶられるような場所は掛け軸を痛めるので避けましょう。また、日光の当たる場所は、変色を起こす可能性があるので避けます。

後は、一日掛けたまま、よく乾燥させてあげてください。このとき、納めていた桐箱も蓋をあけ、よく乾燥させてあげます。

夕方になると、湿度が上がってきますので、それまでに桐箱へ掛け軸を収納して終了です。これを何日か繰り返せば、よく乾燥しカビなどからの被害を減らせます。

屏風の場合も同じように、閉じてある屏風を広げ立て、風をよく通してあげるといいのですが古い屏風の場合、急激に乾燥が進むと紙番や表面が裂けてしまう可能性があるので、空気がよく乾燥しているときは、短時間だけ風を通すを何日か繰り返し徐々に乾燥させるのが、よいと思います。

昔から7月~8月の土用干し、10月~11月の虫干し、1月~2月の寒干しとあるそうですが、最近の7月8月は湿度が高いですし、1月2月も雪が積もっていれば湿度が上がりますので、雪が解け春が近い3月4月、そして10月11月の虫干しと年2回ほど、よく乾燥させてあげるのがよいと思います。

管理次第で掛け軸たちは、より長く何十年と形態を保ってくれますので、大切にしてやってください。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

掛け軸には欠かせない和紙

仕上がった掛け軸の裏面にあたる和紙は、宇陀紙と呼ばれるものを使用します。宇陀紙は強度が高くかつしなやかなで紙面がとても綺麗な和紙です。

宇陀紙1

宇陀紙は奈良県吉野の国栖で作られ、国栖紙(くずがみ)と呼ばれていました。江戸時代に宇陀の商人が全国に売り広めたことで 今日では宇陀紙と呼ばれています。過去には傘紙などの需要がありましたが、現在では主に軸装の総裏打ちに使われます。

この紙を漉くときに特徴的なのが細かな土粉を一緒に溶かし漉く点です。この土粉の正体は、粘土質の石灰で、これを入れることで和紙がアルカリ質になり酸化しにくい和紙になります。また、和紙がしなやかに仕上がるので巻き癖が付きにくくなります。この土粉の中でも、吉野で採れる白土から作る土粉は紙の質がとてもよくなるそうです。私のお師匠さんが掛け軸の理想のしなやかさとして「毛布のようなしなやかさ」と表現されていました。毛布は分厚いけど巻き癖がつくことがありません。掛け軸も適度な厚みを持ちつつ、巻き癖の付かないしなやかさ。そんな理想の掛け軸に宇陀紙は重要なポイントの一つとなってきます。

宇陀紙2

国宝修理の際に使える材料は素材や製法から厳しく条件が付けられています。その中で宇陀紙は「国産楮・天然の木灰汁で煮熟・吉野産土粉入り・板に貼り天日仕上げ」となっており、この条件を満たす宇陀紙は限られます。奈良県吉野にある福西和紙本舗さんは6代続いておられる紙漉き工房さんで、現在も上記条件を満たす宇陀紙を伝統製法で漉かれています。

宇陀紙3

以前、450年ほど前に書かれた墨蹟をお仕立てさせていただきましたが、その時の和紙は管理がよかったこともあってか経年を思わせない状態の良さでした。これをお世話になっている和紙問屋さんに話したところ、管理する環境の良さもありますが、和紙が漉かれた当時の天然素材・製法による所が大きく、現在の工業的な紙では難しいだろうとのことでした。宇陀紙においても、発達した現在で、あえて天然素材と伝統製法で漉いてくれることで作品を次世代へ受け継ぐ助力となっております。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

灼熱地獄のような日々の中で

残暑お見舞い申し上げます。といっても残暑に相応しくない暑さの毎日です。高野山は連日30℃超えの気候でバテていますが、それでも全国的には涼しいほうなので贅沢は言えません。

そんな暑い中、上巻きに使う絹織物を裏打ちしておりました。まず上巻きとは掛け軸の裏面上部を裏打ちしてある薄い絹のことです。これは掛け軸を巻き終わったとき軸表面を覆って見え、擦れなどから掛け軸を保護する役目があります。

上巻き 紺

一般的に上巻きに使われる絹は「福島絹」と呼ばれるものを使います。福島県川俣町が産地で、地名から「川俣絹」とも呼ばれます。とても薄い織物です。

福島絹
福島絹2

通常、裂地を和紙で裏打ちする場合は和紙に糊を付け、その和紙を裂地に貼り付け裏打ちしていきます。ところが、この福島絹を裏打ちする場合は、絹に糊を付け、その絹の上に何も施していない和紙を貼り付け裏打ちします。このような裏打ちの仕方を「地獄打ち」といいます。なんとも恐ろしい名がついたものですが、通常と逆になる場合を”地獄”と表現するそうです。

一回に1m×2mくらいの福島絹を地獄打ちし、乾燥させていきます。そして作り置きするために、この工程を何回も繰り返します。暑い工房で。ある意味地獄でした。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

燕は驚いてくれるかな?

6月になり、コロナ禍も少し落ち着いてきました。高野山は少しずつ、参拝の方々が増えてきたように思います。町には燕の子育ての姿が見られ、雛が一生懸命に巣から顔を伸ばし餌をねだる姿が可愛らしいです。

掛け軸には、「風帯」と呼ばれる燕と関係のあるパーツがあります。

掛け軸の上部から垂れている帯が風帯です。別名「驚燕」といいます。昔、中国では掛け軸を屋外で鑑賞したそうで、その時この風帯が風でなびくことで掛け軸に近づく燕を追い払ったそうです。

また、風帯は御簾に見られる”巻き上げた御簾を固定する金具に付ける装飾房”から来たものという説もあります。

風帯は、二枚の裂地を重ね、糸を見せないように縫い合わせて作ります。そして先端付近に「露(つゆ)」と呼ばれる飾り糸が付きます。

掛け軸の形には大きく分けて真・行・草と三段階の仕立があります。そして仕立ごとに風帯の形も少し変わります。真は最も格の高い形になり、風帯は裏の裂地を少し大きく取ってあり、表から見たとき細い筋を廻したように見えます。

行は真に次ぐ仕立で、風帯は裏の裂地が少し小さくなります。風帯裏の裂地は掛け軸の天地の裂地と同じものを使います。

草は行に次ぐ仕立で、行の形と同じ形式で風帯を作りますが、帯を作らずに細長い和紙を貼る場合もあります。この和紙を貼る風帯は茶道に用いられるような”茶掛”によく使われます。

今となっては燕を驚かすことは、なくなった風帯ですが一本作るのに手縫いでなかなか手間がかかっております。大切に扱ってあげてください。ちなみに掛け軸を巻き収納するとき、風帯は付け根あたりで内側に折れるようになっております。折ってから巻いていただくと綺麗に収納できます。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

大活躍してくれますように

不要不急の外出自粛の効果か、少しずつ新規感染者が減ってきているようで、このまま終息してくれることを願うばかりです。

最近、”アマビエ”なる絵が話題になっていましたが、そんな疫病を払ってくれる絵を紹介したいと思います。

鍾馗 掛け軸

勇ましく佇む武将のような人物は「鍾馗(しょうき)」と呼ばれる中国の神様です。

鍾馗が神様として崇められ始めたのは、8世紀、唐の時代。6代皇帝玄宗が病に罹り、その時見た夢の中で小鬼がいたずらをしていました。すると、どこからともなく現れた大男が、その小鬼を食べて退治します。玄宗が大男に名を尋ねたところ「私は終南山の鍾馗、科挙を受けたところ落ち、それを恥じて自殺した。だが高祖皇帝によって手厚く葬られ、その恩に報いるためやってきた。」と話したそうです。夢から覚めた玄宗の病は治っており、その後鍾馗の姿を絵師に描かせました。それ以降、鍾馗の絵を厄除けとして新年に門に貼る風習が始まりました。現代の日本では端午の節句に掛け軸や人形を飾ることが多いそうです。

鍾馗

当店にある鍾馗さんは少し穏やかな顔をされています。一般的?な鍾馗さんはもっと髭を蓄えられていてパッと見、閻魔大王みたいな風貌です。この穏やかな鍾馗さんでもビビりまくりの小鬼が見えるように厄除け効果バツグンなはずです。

小鬼

日々の手洗いなど出来ることはしっかり行っておりますので、あとは鍾馗さん掛け軸を飾り、ウィルスが近づかないようによくよくお祈りしたいです。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

甕の中で何が起きているのか?

今年は暖かい冬で助かると思っていたら寒波が来ましたね。その寒波を逃すまいと今年も古糊の水交換を行いました。

平成28年と30年に仕込んだ糊は、変化が少ししか現れていません。古糊が仕上がるのに最低10年かかりますので、根気よく寝かすしかありません。

古糊

有機化学の博士による古糊についてのお話では、仕込んだ古糊甕の中ではデンプンの老化(再結晶化)とカビによるデンプンの分解が行われているそうです。

糊化したデンプンが冷えることでデンプン分子が再び結晶化しようとします。これが進むと分子同士が絡み合いにくくなり水で容易に剥がれる接着力の弱い糊になっていきます。そしてカビによりデンプンが分解されデンプン分子量が小さくなっていく。この小さくなった分子量のおかげでしなやかな仕上がりになるのでは、ということでした。古糊甕の中では一年間の気温に応じて上記のような現象が起き、寒い時期にはデンプンの老化、暖かい時期にはカビによる分解を毎年繰り返すことで古糊になっていくようです。

さらに博士は、工程を解明できたのなら化学の力で古糊を再現できるのでは?要はデンプンを老化させ酵素で分解させ、ちょこっと細工を施せば・・・ということで試したところ数週間で性質のよく似た糊を作ることに成功したそうです。十数年を数週間に短縮した科学の力に驚かされるばかりでした。

博士は「化学の力で解明できると信じているので信仰はしない。あえてするなら有機化学の神様」とおっしゃっており、この力を見せつけられるとそう思うのも無理もないのかもと思いました。

でも昔の人は、どうやって古糊の有用性に気づいたのだろう?

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

新年あけましておめでとうございます。

新年になりもう一週間が経ちました。私はもっぱら食べ正月でした。七草でおなかを休ませなければ…

さて今回紹介するのは、この道具。

打ち刷毛

これは「打ち刷毛」といいます。シュロやクロツグなどヤシ科の植物を束ねて作られます。刷毛とはいっても、とても毛束が厚く撫でるためのものではないです。打ち刷毛は束ねた毛先で和紙を叩くように使います。

打ち刷毛で叩く様子

軸装では本紙に最初の肌裏打ちをして、それ以降の裏打ちの度にこの打ち刷毛を使って叩き込みを行います。

なぜ叩く作業が必要なのか。いくつかの効果が挙げられています。

掛け軸は巻くという動作があるため、しなやかに仕上げることが重要になります。しなやかに仕上げようと、上質な和紙を濃度の薄い糊で貼り合わせていくのですが薄い糊だと接着が弱く剥がれる可能性があります。

そこで、この打ち刷毛で叩き加圧することで 和紙の繊維が絡まり、薄い糊でも十分な接着を可能にします。そして、叩くことで小さな窪みができます。

打ち刷毛 打ち込み後

これは打ち刷毛が当たった箇所で、その箇所の和紙が加圧で薄く圧縮もしくは小さく穴が開きます。このことが更にしなやかさを加えてくれます。後いくつか効果あり…

しかし叩く力加減を間違えると本紙まで貫通します。かといって弱すぎても十分な接着ができないので適切な力加減で叩く訓練が必要です。

打ち刷毛は、そこそこの重さがあり、それを何十回と叩く動作をしなければなりません。しかも手で挟むように持ち、ブレないようにしっかり握りながら。そりゃもう腕と握力はパンパンになります。だから右左両腕で叩けるようになり、右腕が疲れたら左腕と交代しながら叩きます。少し大きな掛け軸になりますと笑えるほどの回数を叩いています。一度、回数カウントしている動画撮ってみたいんですよね。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

100年ぶりの再会

先日、京都で行われた表装についての研修会に行ってきました。国内外から300名を越す表装技術者が集まり、有識者によるテーマに沿った講演を聴くことができました。最新の表装技術についての話が聴け、とても有意義な研修会となりました。

せっかく京都に来たので、24日まで京都国立博物館で開かれていた特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」展に行ってきました。

佐竹本三十六歌仙絵とは何か?

平安時代、藤原公任に選ばれた飛鳥時代から平安時代の歌人36人を題材に描かれた絵巻物が三十六歌仙絵です。この絵巻は旧秋田藩主・佐竹侯爵家に伝わったことから「佐竹本」と呼ばれます。三十六歌仙絵と呼ばれるものはいくつかありますが、中でも佐竹本は最高の名品とされております。佐竹本三十六歌仙絵は、一歌仙ごとに歌仙の姿絵と詠んだ歌が一枚の和紙に描かれており、それらを繋ぎ合わせ巻物になっています。

佐竹本は時代と共に所有者が転々と変わります。そして大正6年、所有者が山本唯三郎へと変わるのですが二年後、山本氏が経営不振を理由に佐竹本を売りに出します。しかし佐竹本の高額さ故に買い手がつかない状況になります。

このままでは、海外へ流出するかとなったときに三井物産創設者である益田孝(鈍翁)を中心とした実業家たちにより一つの提案がされます。それは佐竹本三十六歌仙絵を一歌仙ごとに分断し、それぞれを購入希望者に、くじ引きで割り当て購入してもらうという形でした。これは当時「絵巻切断事件」とスキャンダラスに新聞で取り上げられます。しかし、分断された後は、それぞれの所有者が趣向を凝らした掛け軸に仕立て上げ、素晴らしい美術品へと変貌しました。

その後も各歌仙絵掛け軸は、所有者が転々とします。まさに、この特別展のテーマにもある「流転」。今回の特別展は、分断され流転すること100年。100年ぶりに31点が一堂に集まりました。これは過去最大の数とのこと。

僕は、この特別展に来られる人が多いと事前に聞いておりましたので開館まもなく博物館に到着したのですが、館内にはすでに長蛇の列。皆様の注目度の高さがうかがえます。博物館入り口までに特別展の顔となっている女性歌仙「小大君」のパネルがありました。女性歌仙は絵の華やかさもありか人気があり、絵巻切断事件のときも皆が女性歌仙を欲しがったとか。

京都国立博物館 佐竹本三十六歌仙絵

館内に展示されている歌仙絵の掛け軸は、それぞれ趣向を凝らしただけあり、使われている裂地も着物や帯を使ったと思われるものが見られました。中でも特に個性的な表装が「坂上是則」歌仙絵の表装でした。歌仙絵の周りに裂地を使わず、雪山を描いた山水画に歌仙絵をはめ込むように表装してありました。坂上是則が詠んだ歌に合わせ雪山の山水画を選んでおり、歌仙絵と表装が一体となった斬新な掛け軸でした。

その他には、ド派手で個性的な帯?や裂地を全体に使っており、歌仙絵より表装がメインに見えてしまっている掛け軸や軸棒の先に付く塗り物が、それだけで結構な御値打ち物であろう品が使われていたり表具師にとっては大変目の保養になりました。

巻物として、一つの美術品となっていた佐竹本三十六歌仙絵を分断するという決断は、相当の葛藤があったのではないかと思いますが、その英断があったおかげで36の個性豊かな美術品へと増え、我々を楽しませてくれています。いずれ、すべての佐竹本三十六歌仙絵が一堂に揃うことを楽しみにしています。

こういった展示の際、よく売られている出展物のカタログ。いつも表装まで載せられていなく少しガッカリするのですが、今回は、表装もバッチリ載せられており、即購入決定でした。参考資料が増えて大満足。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

様々な裂地を浅く説明

次回に続き、お客様からの疑問について載せたいと思います。今回は裂地の違いについてです。裂地には、大きく分けて金糸を使った金襴と金糸を使わない裂地に分かれます。

金襴は、本金襴・合金襴・新金襴と分かれます。

本金襴は本金の金糸が使われ、縦横共に絹糸が使われます。蚕から作られる絹糸を「正絹」と呼び、副産物から作られるものを「絹紡糸」と呼びます。本金襴は正絹を縦横共に使用します。本金で作られた金糸は金の変色がほとんどありません。

合金襴は銀や銅の合金から作られた金糸が使われます。縦横共に正絹が使われます。中には縦に化学繊維、横に絹糸を使うような交織合金襴と呼ばれるものもあります。合金は本金にはかないませんが金の色が変わりにくいです。

新金襴はアルミ箔から作る金糸を使用します。織り込む糸は人造絹や化学繊維、綿糸が使われます。金糸の色は一番変わりやすいです。

次に金糸を織り込まない裂地です。この裂地は様々な文様・種類があります。大きく分けると無地・緞子・遠州緞子・錦と分かれます。

無地の裂地は、文様が織られませんが糸の太さや織り方、節のついた糸を使うなどによって無地の中にも個性が出されます。それらは、魚子(ななこ)・絓(しけ)・紬(つむぎ)などと呼ばれます。

緞子(どんす)は主に縦糸・横糸一色ずつの糸で文様を出している織物です。表面に光沢があり、とても柔らかい裂地なことが特徴です。

遠州緞子(えんしゅうどんす)は小堀遠州が好んだ裂地を指す場合と一部の表具用裂地を指す場合があります。ここでは、表具用裂地を指します。緞子より光沢が抑えられており、横糸を通す数が増えると本数により「二丁遠州緞子・三丁・・・」と表記されます。横糸を増やすことで複数の色を使うことができ、緞子より色彩豊かな緞子ができます。

複数色の糸を使い、文様を出していく織物を「錦(にしき)」と呼びます。大陸から伝わった文様などが織り込まれています。とても色鮮やかですが、裂地が厚めのものが多いです。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

手打ち表装と機械表装

四国八十八ヶ所霊場などの御集印掛け軸を表装されるお客様とお話した時、よく出てくる疑問を取り上げたいと思います。

まず表装の仕方の違いについて。表装には大きく、手打ち表装と機械表装があります。

当店が行うのは手打ち表装です。すべて手作業で、糊を使って裏打ちを行い掛け軸に仕立てる伝統的な表装です。高級ランクの手漉き和紙を使い裏打ちすることで強靭さを加えており、長期保存に適しております。 また、加水することで剥がせる糊を使っておりますので仕立て直しができます。 しかし、裏打ちの度によく乾燥させるため仕上がりまでに時間がかかります。

近頃、見られるのが機械表装です。この表装では、熱で溶ける接着剤が付いた紙を使用し裏打ちを行います。アイロンで貼り付けられる布のようなイメージです。裂地などをその特殊な紙と一緒に大きなアイロンのようなプレス機に入れ熱圧着させます。機械表装は乾燥させる時間が要らないため、早く仕上げられます。また、掛け軸を掛けたときの掛かり具合は手打ち表装に比べ綺麗なように思います。しかし、機械表装は仕立て直しの際、特殊な接着剤を使用しているため加水だけでは剥がすことが出来ず、薬品を使うことになります。そして、その薬品は朱印を溶かす可能性が高く、御集印軸を仕立て直す場合は、かなり厳しい作業になります。

以上が表装の仕方の大まかな違いです。次の投稿では、裂地の違いについて載せたいと思います。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂