古糊作り~前編~

一月末に古糊作りを行いました。

古糊とは小麦の澱粉から作る糊を甕に入れ、水をはり何年も発酵させ作る糊です。発酵させることで抗カビ性が生まれます。またこの糊を使用した軸装などがしなやかに仕上がります。

古糊は古くから大寒の時期に作ることが良いとされています。特に寒い時期の水が重要なようです。
そして、古糊は毎年はった水を入れ替える作業を行います。入れ替えない方法もあるようですが...

今回は今まで作った糊の水の入れ替えから行いました。

甕のふたを取ったところです。
furunori
あまりにキツイ絵でしたので取り除きましたが、本来はこの水面に黒いカビがびっしりと浮いています。

画像右端に少し写っていますね...

このカビは年数が経つごとに発生が少なくなってきます。
また経年により発酵臭もおさまります。仕込みから数年の古糊はかなり臭います。

furunori2

上の画像の糊は6年発酵させたものです。

使えるようになるにはもう少しかかるでしょうか。
当店で一番古いもので30年物があります。

furunori3

古い水を捨て、カビを取り除き、水をはり直しました。また一年じっくり発酵してもらいましょう。

次は古糊作りへ

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください