慣れとは恐ろしいもの

いよいよ師走の12月になり、気候も冬らしくなってきた高野山です。

今回は、私がふと思ったことをひとつ

これは最近修復をした屏風の背面です。

屏風 修復後

修復前は経年により糊の接着力がなくなり、負荷がかかる紙番は自然に崩壊していました。

屏風 修復前

この屏風はおそらく今回が初めての仕立て替えと思われ、そうであれば製作されてから約100年ほど経っていることになります。表面には書画が貼られていました。それらの書画を修復しながら私は、「100年ほど前なら、まだ新しい方だな」と思っていました。

少し話が変わって上記の屏風と同じ頃、かなり古い作品を修復したのですが、そこに書かれた元号によると約400年前のものとわかりました。さすが歴史ある高野山。400年も前のものを修復するのは緊張します。そのとき私は、ふと客観視できたというか改めて思い知ったのですが、

400年も前のものが目の前にあるってものすごいことじゃないですか?

もちろん普段から古いもの新しいもの関係なく修復表装するときは、次の世代に残るように、出来るだけ今の状態を維持できるように、少しでもいい状態になるようにと修復表装します。だから、100年前が比較的新しいものと思うから手を抜くなんてことはないのですが、その作品を修復したときは目の前のものが、あまりに時間を越えてきたものだと改めて思い、それと相対していることに不思議な感覚を覚えました。

そこで、改めて私は上記の屏風を見て思ったのです。

「100年前のものが目の前にあるってものすごいことじゃないか」って

前までは15年ほど前をほんの数年前に思うような感覚の延長で100年前を思っていました。高野山は本当に古いものが多く、ありがたいことに私たちは日々それらを修復させてもらえます。その中で年数への慣れが生じていたのだと思います。

歴史あるものを扱わしてもらえる責任を再確認した、そんな出来事でした。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

紅葉の高野山。展覧会開催です。

高野山は今、紅葉で色鮮やかです。

今週末から山内で伝統産業展・公募写真展が始まります。これは、高野町と地域おこし協力隊が主動のもと高野山のお膝元で発展してきた伝統産業に着目した単行本「お大師さまの息」出版に伴い開催される展覧会です。

伝統産業展&公募写真展

当店も参加します。そこで展示するものの中に「丸包丁」というものがあります。

丸包丁

丸包丁は名の通り丸い刃の包丁で古来より和紙や裂地を裁断するときに使われました。最近では、カッターナイフを代用する場合があります。この包丁が優れている点は、切る対象との抵抗が少ないことです。特に裂地を切る場合、抵抗が少ないおかげで断ち面がほつれにくく、より綺麗に切ることができます。

カッターナイフを使用する場合、出来るだけ刃の角度を小さくしても限度があります。よって丸包丁よりは抵抗が大きくなります。

カッターナイフ 角度

しかし、カッターナイフは切れ味が落ちると、すぐに刃を折って切れ味を戻すことができます。

丸包丁は刃の角度を極めて小さくできます。

丸包丁 角度

しかし丸包丁の場合、刃の切れ味が落ちると研ぐ必要があるため切るものが多いときは複数の丸包丁を用意する必要があります。そして、刃が曲線なのでとても研ぎにくいです。

と一長一短ある裁断道具たちです。

昔の弟子見習いさんたちは、次の日に向けて何本もの丸包丁を研ぎ、次の日先輩方に「全然切れない包丁やな」と嫌味を言われたとか言われないとか。まぁ切れはしたのでしょうが更に上を目指すための愛の鞭なのでしょう。

展示会には、他の道具たちも展示します。また、掛け軸などの展示も行います。お時間ございましたらどうぞ、ご覧にお越し下さいませ。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

かわいい名前の謎なやつ

秋の気配を少しずつ感じる季節になってきました。

秋と言えば、お祭りが多いですね。お祭りといえば神社。

有名な神社といえば京都伏見稲荷大社。

と、強引にお稲荷さんに繋げる連想ゲームをしたわけですが、なぜかと申しますと今回見ていただく裂地文様が稲荷大社と関係があるのです。

つぼつぼ紋 裂地

この裂地の金糸で表現されている文様は「つぼつぼ」と呼ばれています。茶道、茶掛け軸でよく使われます。

さて、この「つぼつぼ」は、いったい何を表した文様なのかという疑問です。名前からすると「壷」をイメージしますが、それにしてはなんだか丸い。

調べてみますと、元々は「田宝(でんぼ)」という素焼きのお皿のようなものだそうです。そこから派生した丸い小振りの入れ物が「つぼつぼ」です。この「田宝」や「つぼつぼ」は昔から伏見稲荷大社のお土産として有名で、二月の初午祭で買ったものを家や田畑に埋めて、豊作や商売繁盛など祈願したそうです。実際、江戸時代の商家跡からつぼつぼがたくさん出土しています。

つまり「つぼつぼ」は縁起物だったわけです。そしてここで、お稲荷さんが出てきました。

千利休の孫である千宗旦は伏見稲荷を信仰しており、お土産の「つぼつぼ」を三千家の替え紋としたそうです。つぼつぼ紋の位置や重なりの前後で裏・表・武者小路と見分けられるようになっているそうです。

三千家 替え紋

これで、伏見稲荷大社と茶道、「つぼつぼ」それぞれの関係がわかりました。

しかし、結局「つぼつぼ」ってどんなものなのかと思った私は、実物を見たく探しました。今も伏見稲荷の参道商店街には「柚でんぼ」なるものが売っているようですが、素焼きの「つぼつぼ」は見つけられませんでした。

ないなら作る!ということで、出土したつぼつぼの画像を基に作ってみました。それがこちら、

つぼつぼ

少し歪になりましたが、しっかり素焼きの入れ物になっております。最近は粘土工作のように形作ってオーブンで焼くだけでこんな陶器が作れる商品がありまして、楽しかったです。

つぼつぼは、土鈴のようなおもちゃだったようで、手の中で転がすと「ツボツボ」と音がするから名がついたとか(諸説あり)

実際転がしてみて、どんな音が鳴ったか、それはなんとなく秘密にしておきます。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

私の身長は約5尺7寸4分

今回は、表具で使用する物差しについてのお話を。

表具でサイズを測る場合は、尺や寸という単位で目盛りを打った物差しを使います。この物差しは表具以外でも日本の伝統産業でよく使用されます。

中国から伝わった尺貫法(しゃっかんほう)による単位ですが、日本でメートル法に切り替えていくなかで一度使用禁止にまでなった単位だそうです。しかし永六輔さんの”尺貫法復権運動”によって一部を除き使用可能となっています。

もし尺貫法が使用禁止となっていれば作業効率がかなり落ちると思います。サイズがわかりやすいのです。メートル法の物差しで作業をするとしたら、細かい目盛りで何mmとか早々に目が疲れてしまいます。

表具で使用する物差しは一尺・二尺・三尺の三種類です。と、慣れていないうちに一尺だと言われてもピンとこないと思います。一尺は約30.3cmになります。

物差し 三種

一尺の10分の1が「一寸(いっすん)」で約3.03cm

一寸の10分の1が「一分(いちぶ)」で約3mm

一分の10分の1が「一厘(いちりん)」で約0.3mmになります。

また、10尺で「1丈(いちじょう)」になり約3.03mです。

一寸一分一厘の説明

今となっては、物差しの目盛りもすぐ理解できますが表具の世界に入りたては、まぁわからなくて慣れるまで苦労しました。しかし一度慣れると今度はメートル法の感覚がわかりにくくなるのです。そして○○cmといわれた場合、自然と「△尺△寸だな」と変換する癖がつきます。

また、自分の手のひらを広げたときの親指先から小指先間の長さを測っておき、それを基準にしゃくとり虫のように動かし、およその長さを測るなんてこともします。この動きこそ”しゃくとり虫(尺取り虫)”の名前の由来だとか。

ここで、いくつか昔からあるものの大きさを見ていきます。

ことわざの中に「一寸の虫にも五分の魂」とありますが、ことわざの意味は別にして一寸の半分が魂ということになり結構容量を占めていることになります。

江戸時代に活躍し大相撲史上最強といわれている雷電為右衛門(らいでんためえもん)は身長6尺5寸あったそうです。つまり約197cm。現代でも十分大きいです。

宮本武蔵と決闘したことで有名な佐々木小次郎の愛刀「物干し竿」は”三尺の白刃”といわれています。つまり約91cmの刀身だったことになります。

高野山の壇上伽藍にある鐘。名を「高野四郎」といいます。当時日本で四番目に大きいといわれたこの鐘の直径は7尺。約2.12mになります。

そして、高野山奥の院で一番大きな墓石、通称「一番石」。高さ約2丈2尺 6.6mにもなる巨大な墓石です。ちなみに、この墓石は織田信長の妹「お市の方」と浅井長政との子で三女の「お江」の供養塔です。

尺貫法で記された大きさもメートルに変換するとわかりやすくなるのでは。せっかくの日本古来の文化ですから触れる機会が増えるといいなと思います。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

和綴じで頭の体操?

最近、古い和本を修復しました。その時に「和綴じ(わとじ)」と呼ばれる綴じ方を施しました。今回は、その和綴じの種類について・・・

(板に各綴じ方をやってみました)

和綴じ

和本の起源は、中国から伝わったもので古くは平安時代、弘法大師 空海が中国より持ち帰ってこられた本が現存する最古のものとされております。そこから綴じ方が発展し、「大和綴じ」が出来上がります。大和綴じは4ヵ所に穴を開け、2穴ずつ紐で綴じます。

大和綴じ

その後、江戸時代になり和本は最も盛んに発展し、それと共に様々な綴じ方が発明されます。中でも和綴じの基本となるのが「四つ目綴じ」です。和綴じは一本の紐で綴じられており綴じ始めと終わりの点が同じところになります。

 

四つ目綴じ

次は「康凞綴じ(こうきとじ)」です。高貴綴じとも呼ばれます。四つ目綴じに比べ、角への綴じ数が増えております。これは中国の康凞帝が好んだ綴じ方といわれております。

高貴綴じ

次は「麻の葉綴じ」です。綴じた糸が”麻の葉文様”に似ているところから付けられています。綴じ数が多いので仕上げるのも一苦労です。

麻の葉綴じ

麻の葉文様

最後は「亀甲綴じ」です。こちらは亀甲形から付けられた名のようです。

亀甲綴じ

以上が伝統的な綴じ方です。一度要領をつかめば、独自の綴じ方が出来ます。和綴じでWeb検索すると、なんとも手の込んだものを見ることができます。一筆書きのような感じで一本の紐で、綴じ始めと終わりが同じところに来る様に模様を考えればいいので、頭の体操になるかもしれません。

また、紙・紐・縫い針があれば粋なメモ帳が作れます。綴じ方は、検索してみてください。あしからず。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

奥が深いぞ。軸先の話~後編~

変形軸先の接写

前回に続き、軸先の話です。今回は軸先の形について紹介したいと思います。

はじめに軸先で一番シンプルな形の「頭切(ずんぎり)」です。そのシンプルな形ゆえに汎用性が高く、掛け軸のあらゆる形に使うことが出来ます。

頭切

次は、頭切のカドを落とした「面取(めんとり)」です。落とすことでカドが傷むことを防ぎます。またカドを曲線に落としたものを「銀杏面(ぎんなんめん)」といいます。これは”ぎんなん”に形が似ているから、だそうです。面取という形は”神道的な表現”が強く神道系の本紙によく使われます。面取り部分に金で装飾したものを「面金(めんきん)」といいます。朱塗りの面金は、お雛様の絵を掛け軸にする場合によく使います。

面取面取・銀杏面比較

断面に丸く筋彫りをしたもの、牙などを象嵌したものを「印可(いんか)」といいます。印可とは禅宗などで弟子が師からいただく卒業証書(語弊がある言い方かもしれないが)”印可状”からきています。よって頂相画の表装に適しています。また、巻物の軸先としてよく使われます。

印可

輪を重ねたような形の「段巻(だんまき)」は官人の書画に適しています。段巻は素材や形によって”渦軸”や”千段巻”と呼ばれます。茶道で使われる茶掛の軸先に使うこともあります。

段巻

これは「宗丹(そうたん)」と呼びます。つるんとした見た目が特徴です。主に”草”と呼ばれる掛け軸の形に使われます。

宗丹

これは「撥(ばち)」と呼びます。名は、断面が三味線を弾く撥に似ていることが由来のようです。主に”草”と呼ばれる掛け軸の形に使われます。

撥

こちらも”ばち”と呼びます。しかし同じばちでも太鼓などを鳴らす「枹(ばち)」です。こちらも断面の形が似ていることが由来のようです。主に”草”と呼ばれる掛け軸の形に使われます。なお、これと上記の”ばち”は長いバージョンもあり南画・文人画と呼ばれる大陸系の本紙の表装に使われます。

枹長撥長枹

最後のは「利久(りきゅう)」と呼びます。これは長撥と同じく南画・文人画と呼ばれる本紙の表装に使われます。日本様式の「大和仕立」と呼ばれる表装の形に使うには、この軸先の主張が強くゴチャゴチャとするので向きません。

利久

大和仕立

 

南画・文人画を表装する際「文人仕立」と呼ばれる形にしますが、これはシンプルな形をしています。よって利久を使ってもバランスが取れます。

文人仕立

 

と、軸先の紹介をしてきましたが、他にもいろんな形・見た目の軸先があります。集めてみるのも面白いかもしれません。中でも塗に蒔絵を施している軸先は、それだけで立派な芸術品です。また、色・形・名の由来など知ってもらうと美術館などでの鑑賞時に見るポイントが増えるかも知れないですね。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

奥が深いぞ。軸先の話~前編~

並べた軸先

掛け軸の軸棒から出っ張っている部分を軸先と呼びます。

軸先は掛け軸を巻くときに役立ちます。また、掛け軸全体のアクセントになります。しかし軸先選びを間違えると表装の調和が崩れ、パッとしなかったり野暮ったい表装になってしまうのです。

さらに表装の形や書画(本紙)によって使うべき軸先の素材・形が決まっています。知らずに間違った軸先を使用すると表具師として恥ずかしいことになります。

では軸先にどんな素材・形があるのか紹介します。

軸先の素材には木材・骨材・塗物・焼物・金属材・樹脂材などに分けられます。

木材には黒檀(こくたん)紫檀(したん)花梨(かりん)などがよく使われます。いずれも硬く耐久性に優れた木材です。また、神道系の掛け軸には神木とされる一位(いちい)の木が使われます。

黒檀骨材には象牙・骨・角などの動物からとれる素材でできています。象牙は現在、取引が禁止されているため昔からの在庫を使用するか代用品を使います。また角軸先で鹿の角を使った軸先は鹿が神使である春日大社関係の本紙に使われます。

象牙角

塗物は木材に漆塗りなどで仕上げた軸先です。黒漆や朱の色漆で仕上げたもの。黒漆に朱やベンガラを混ぜ、茶系の色で仕上げる潤塗り(うるみ塗り)。朱で塗った後に透明の漆で仕上げる溜塗り(ため塗り)が塗物の基本的な色です。そこに金箔等で装飾したもの(蒔絵など)もあります。

蝋色黒溜塗り

蒔絵

焼物は磁器・陶器で作られたもの、染付けから素焼きと、あらゆる焼物の軸先が作られています。格式を高くするべき本紙には使われません。

清水焼1清水焼2

金属材は金軸と呼ばれ金属製の軸先に金や銀をメッキしたものです。主に仏表装に使われます。軸先に蓮華などを彫金してからメッキしたものが多くみられます。また金軸の中に、ひと回り小さい金軸や水晶を入れ、それが透けて見えるように加工した透かし金軸があります。

金軸古色金軸透かし金軸

樹脂材の軸先は、上記の象牙や水晶製軸先など希少なものの代用品として見た目を似せて作られます。また、塗物軸先に似せた代用品もあります。

牙代用紹介できたのは、ほんの一部ですがたくさんの種類の軸先が存在し、それらを使い分け表装がより良く見えるように考えるのです。

ちなみに今まで紹介した軸先のほとんどが「頭切(ずんぎり)」と呼ばれる形で軸先の基本形になります。後編では、軸先の形について紹介したいと思います。

後編⇒「奥が深いぞ。軸先の話~後編~

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

体を張って貢献してくれるすごいやつ

イボタ蝋いきなりですが、これはイボタ蝋と呼ばれる蝋の塊です。

我々は特に表具において襖や障子の敷居に塗り、すべりを良くしたり、軸装の最終段階で裏に塗り、防湿や掛け軸を巻き易くする手助けをしてもらったりに使います。

一般では、ろうそくの原料や木製家具の艶出し、また止血剤としても使われるそうです。

実は、この蝋の成分は虫から取れるものなのです。その名も「イボタロウカイガラムシ」。

そのままの名前ですね。この虫が分泌する白いものがモクセイ科の樹木にモコモコと付着し、枝が真っ白になるほどです。この白いモコモコを採取し精製したものが、上の画像になります。

イボタ蝋の融点は81℃と高く、夏でもベタつかずに使用できます。

カイガラムシの仲間はたくさん存在し、それぞれ蝋やワックス・コーティング剤・色素になるそうです。色素については、深く調べないことをおすすめします☆

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

数珠のルーツ

掛け軸表装の最終段階で「裏擦り(うらずり)」と呼ばれる作業があります。内容は軸装物の裏面を数珠で擦るのです。裏擦りについて→「裏擦り(数珠擦り)」

現在、表装で使用される数珠は水晶やガラス製が多いですが、かつてはムクロジという植物の種が使われていたそうです。どんなものなのかというとムクロジの実 外殻

これがムクロジの実です。黒くなってきていますが元は薄い黄緑で時期と共に綺麗な半透明の橙色に変わり、乾燥して黒くなります。

この実は石鹸の代わりとして使われていました。瓶などに水と実を入れ、良く振ると泡立ち、石鹸のように使えます。今でもオーガニック石鹸として洗濯などに使われます。この中に種が入っています。

ムクロジの実種は、ツヤツヤして硬いです。ムクロジの種は、お釈迦様のお言葉の中にも現れ、この種を使った数珠が「数珠の起源」とされています。

また、この種は、お正月の遊び「羽根つき」で使う羽根の先についている玉に使われていました。ムクロジを漢字で書くと「無患子」。子供が患わ無い縁起物です。

さて、この種。穴が開いています。元々は開いていませんが今回、ムクロジの数珠を作ってみたく穴を開けた種を取り寄せました。ただ、正式な数珠は108個の珠で出来ており、今回は50個仕入れたので、この数珠はあくまで表装用になります。

作り方は、ただ種をタコ糸に通すだけなので簡単に仕上がりました。

ムクロジの数珠使ってみると、普段のガラス製に比べ、滑りにくいように思います。もう少し使うと馴染んでくるのでしょう。この数珠は使うほど磨耗していきますので、大切に使っていきたいです。

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂

過去に私用で作ったもの その2

渦模様に河童 掛け軸我々が勉強させてもらっていた京都の表具店が加盟している表具協会では、年に一度、表装の展示会がありました。そこでは各表具店が、普段依頼品に施すような表装とは違う、おもしろさ・楽しさに重点を置いたような少し変わった表装の掛け軸などを展示していました。

この掛け軸も、その展示会に参加させてもらったときのものです。黄桜の河童みたいなのがかわいらしいです。

京都で勉強中、裂地の組み合わせは親方が決められていましたが、この展示会のときは、僕たちが自分で決めなければいけませんでした。親方からアドバイスを言ってもらえるので、トンチンカンな表装になることはありませんでしたが、本紙(河童の絵)しか見えない状態からどのような色・紋様の裂地をもってくればいいのか、そのときは本当に大変でした。

割と、お気に入りですがそんなに評価は良くなかったです。笑

世界遺産の高野山で掛け軸などの製作修復なら当店へ ホームページはこちらをクリック 加勢田芳雲堂